パソコン・インターネット

2012年5月 6日 (日)

★個人ユーザー向けビスタのサポート期間が5年延長、選択肢...

個人ユーザー向けビスタのサポート期間が5年延長になり、選択肢もサポート終了直前!『7』を飛ばして『8』への移行も選択肢に、なっちゅう!!

2月20日、サポート終了直前だった個人向けウィンドウズ・ビスタのサポートが急きよ、延長されたがやと。

それまで、4月10日でサポートが終了する予定だった「ホームベーシック」「ホームプレミアム」「アルティメット」の3つのエディションに、5年間の「延長サポート」が適用されたがぜよ(図1)。
201205p7_1_5
今までマイクロソフトが提供するウィンドウズのサポートには、「メインストリームサポート」と「延長サポート」の2種類がある。まず、メインストリームサポートは、個人向けと企業向けの両方のエディションが対象やと。

基本的にOSの発売後5年間、無償の問い合わせサービスとセキュリティ関連の更新プログラムが提供されちゅう。

一方、延長サポートは、企業向けエディションの「ビジネス」や「エンタープライズ」が対象で、セキュリティ更新プログラムが提供されちゅう。

当初、個人向けエディションのビスタでは、メインストリームサポート終了後にセキュリティ上の重大な欠陥が見つかっても、更新プログラムが提供されないため、実質使い続けることはできなかったがぜよ。

しかし今回、延長サポートが決定したことにより、企業向け同様、さらに5年間使い続けることができるようになったがやと。

同日、ウィンドウズ7の個人向けエディションについても、延長サポートが適用されることになり、2020年1月まで利用可能となったがやと。

個人向けのXPではすでに延長サポートが適用されちゅう。本来ならば2007年ごろにメインストリームサボートが終了する予定だったが、後継OSの発売が遅れ、さらにユーザー数が多いことを理由に、2014年まで延長されたがやと。

その結果、ビスタのサポートがXPより早く終わるという逆転現象が起きた。それが、今回のビスタのサポート延長により、矛盾が解消された形になっちゅう。

これにより、大きなメリットがあるのは、ビスタユーザーぜよ図2)。
201205p7_2_5
4月にサポートが終了すれば、すぐに7へ移行することを余儀なくされていたが、あと5年ビスタを使い続けることができるようになったがぜよ。

さらに、今年の年末商戦とされている次期OS「ウィンドウズ8」の登場を待つこともできるようになり、7を飛ばして8に移行するという選択肢も増えたがぜよ。

選択肢が増えたのは、えいけど何か、今回の顧客からの不満をうまくマイクロソフトの販売戦略にもっていっちゅう気がするちや!?

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

★皆んなぁ~、ステマに注意するがぜよ!!

現在、芸能人ブログにも飛び火しちゅうぜよ。
クチコミマーケティングの”やらぜ
食ベログ騒動で話題になった「ステマ」とは。

私の愛読する雑誌に載っちょったき、
照会するぜよ!!

年明けのインターネット上の話題は、
飲食店クチコミ情報サイト「食べ口グ」(図1

で発覚したやらせ問題で持ち切り。

Pc21201204__p11_1

「好意的なクチコミを書いてお店の評価を
上げます」と売り込む不正業者と、
その誘いに安易に乗ってしまう飲食店の構図が
明らかになっちゅう。

この騒動で浮上したキーワードが
ステマステルスマーケティング)」。

レーダーに探知されにくいステルス戦闘機
のごとく、消費者に広告と悟られないように
宣伝する手法で、
要するにやらせ、サクラぜよ。

ただ、ひと口にステマというてもその悪質度
にはレベル差がある(図2)。

Pc21201204__p11_2

食ベログ事件ではやらせを持ちかける業者も
依頼する飲食店も、消費者を欺く行為で
あることを認識しているので悪質度は高い。

一方で、消費者をだます意図はないのに
ステマ疑惑を持たれてしまうケースもある。

昨年9月、花王が歯磨き粉「クリアクリーン」
のプロモーションで実施した芸能人ブログの
利用がこれに該当する。

サイバーエ-ジェントのブログサービス
「アメブロ」では、タレントやスポーツ選手
など約1万人の著名人がブログを
開設しており、企業が彼らに商品を提供して
気に入れば紹介記事を書いてもらえる。

「記事マッチ」という有償サービスがある。
花王はこのサービスを利用したが、
タレント2人が書いた同商品の記事は文面が
ほとんど同一で、商品の提供を受けている
記述もなかったため、ステマ呼ばわりされた。

有名人に限らずブロガーを招いて試食会や
新商品体験イベントなどを開くクチコミ。

マーケティングでは、商品の提供や試食会へ
の参加といった企業とブロガーの関係性を
明記してもらい、書く内容に企業側が一切干渉
しないことがクチコミの信頼性を保つ上で
重要になってくるじゃろう。

花王のケースでは、花王側は関係性の明記を
求めたが、サイバーエージェントがこれを
芸能人に強制していなかったため、
やらせ臭いブログが公開されて花王が
批判された。

この事件を受け、 サイバー工-ジェントは
関係性の明記に同意する著名人にのみ
記事マッチを依頼するよう方針を変更した。

なお、現行法でステマ行為を
罰する法律はない。

「国産とうたいながら実は中国産」といった
虚偽があれば景品表示法の優良誤認に
該当するが、店の雰囲気の感想などは
個人差が大きく摘発は困難。

それでも食ベログ事件を経てネット利用者の
クチコミ情報を見る目は厳しくなり、悪評は
ソーシャルメディアを介して拡散する。

ステマ行為はハイリスク・ローリターン、
ばれれば致命的なマイナスリターンと
心得たほうがよさそうぜよ。

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

★グーグルの新しいSNS「グーグル+」

私も、まだ使こうてないき、あんまりよう知らんけんど、グーグルが新しいSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を出しちゅうようで話題を集めちゅうらしい。

ちょっと情報を得たので記事にするぜよ!!

eyeglass 1ヵ月で2500万人が登録しちゅうらしい。

グ-グルが、満を持して世に送り出した交流サイト(SNS)の「グーグループラスー(グーグル+)が話題ぜよ。

グーグル+は、6月末にテスト公開が始まったと。まだ既存ユーザーの招待がないと登録できないという制限があるにもかかわらず、わずか1ヵ月で2500万人が登録しちゅうらしい。

フェイスブックの7億3000万人には遠く及ばないものの、爆発的な滑り出しで「強力なライバル登場」と注目を集めちゅうみたいぜよ。

最大の魅力は、先行する大手SNSのいいとこ取りをしたような、使い勝手の良さらしい(図1)。

Pc21201110__p13_1

[注]・・・このほか、お気に入り、お勧め情報を共有する「スパークス」、ビデオ画像をリアルタイムでアップロードできる「インスタント・アップロード」といった機能もあるらしいぜよ!!

その中心となるのが、ユーザーの交友関係を分類できる「サークル」機能やと(図2)。

Pc21201110__p13_2

サークルは、「家族」や「友人」「会社の同僚」「学生時代の同級生」などをグルーブ化し、知り合いを分類するのに利用すると。

分類したサークルでは、そこに属したユーザーだけが見える掲示板を使って、仲間内だけで交流することができるらしい。

かたやフェイスブックでは、自分の書き込みが、自分と「友達」になっている全ユーザーに公開されてしまう。プライベートな友人も、仕事関係の知人も区別はない。

グーグル+のサークルは、この点が大きく異なるみたいぜよ。

独特なのは、見知らぬ人のことも自分のサークルに入れられる点ぜよ。相手には事後に通知が行くだけで、いちいち承認してもらう必要はないらしい。

プロフィールを見て気に入った相手を見つけたら、どんどん自分のサークルに加えるのが、グーグル+のスタイルみたい。

相手をフォロー(「友達」として登録)する際の気軽さはツイッターに似いちゅうみたい。フォローされたら、こちらもフォローしなければならないといった決まりもないみたいぜよ。

ユーザー同士の結びつきはSNSの中では緩いみたいぜよ。

複数のユーザーが同時に利用できる機能もあるらしい。ビデオ会議の「ハングアウト」や、複数でチャットができる「ハドル」があるようぜよ。サークルに所属するユーザーと交流するのに役に立つようぜよ。

グーグルはこれまで、「オーカット」「グーグル・バズ」など、SNS事業を何度か手がけちょったみたいやが、大きな成功事例はなかったみたい。

従来とは比較にならないほど操作性を上げたグーグル+で挽回できるか。
しばらくは目が離せんがやないかよ。

いろんな、SNSがあるけど、それぞれの機能や利用形態を把握したうえで、利用せんといかんぜよ。そのルールの中でやるもんやき、モンクは言うたらいかんぜよ!!scissors

| | コメント (3)

2011年8月 8日 (月)

★フル装備ノートパソコンが3万円台になっちゅうぜよ!!

15.6型液晶、DVDドライブ搭載のスタンダードノートが値下がり!

ネットブックはもういらない!?

ノートバソコンの価格のイメージがこの夏以降、大きく変わるかもしれんぜよ。激安のノートが存在感を大きく増し、15・6型液晶を搭載したスタンダードノートが、なんと3万円台から手に入る時代が来ちゅう。

実際、3万円台の激安ノートは複数のメーカーからいくつもの製品が販売されちゅう(図1)。

Pc2120119__p09_1

3万円台なら、HDDや光学ドライブを買い足すぐらいでパソコン購入に踏み切れるというわけだ。

その中身は、5万円を切る低価格で。時期シェアを大きく伸ばしたネットブックは、実際に使うとOSもCPUもメモリーも、それぞれに制約があった。ここで紹介する3万円台激安ノートは、ネットブックとは違い実用に堪えるスペックを備えちゅう。

主なハードスペックは、15・6型液晶、デュアルコアのペンティアムなどのCPU、2ギガバイト以上のメモリー、250ギガバイト以上のHDD、そしてDVDスーバーマルチドライブ。数年前に10数万円を出して買ったメインマシンと大差ないほどのスペックを誇るがやき。

ソフト面では、OSにウィンドウズ7が搭載。機能制限のあるネットブック向けのスターターではなく、通常のホームエディションやき。ただし、3万円台ではオフィス2010の搭載まではさすがに望めんき、他社のキングソフトオフィスなどを用意する必要はあるちや。

NECや富士通の最新売れ筋ノートとスペックを比較したのが図2ぜよ。

Pc2120119__p09_2

比較したら、売れ筋ノートに分かあるぜよ。しかし、パソコンとして何に使うかがはっきりしちょったら、激安ノートでも十分やき。その上、売れ筋ノートよりも10万円近く安いぜよ。

すでに市場はこの動向に反応しちゅうみたいぜよ。各社の夏モデルが登場したばかりの最新のノートパソコン店頭売れ筋ランキング[注1]でも、3位にレノボージャパンの3万円台ノートがランクインしちゅうと。

[注1]・・・BCNの「BCNランキング」のノートPC売れ筋ランキンクから、2011年6月27日~7月3日の週間ランキングのデータを参照した。3位にレノボ・ジャパンの「Lenovo G560e」がランクイン。このモテルは前週は2位だった。

ランキング上位を5万円台程度までの激安ノートが独占することもあり、
知る人ぞ知る。売れ筋モデルとなっちゅう。

ボーナスではなく、お小遣いにちょっと足して買えるノート」-これやったら、ウィンドウズ7マシンヘのリブレースも比較的容易にできるがじゃないろうか!?

市場は変わっていくものやき、店頭行ったら価格だけでなく、装備内容をじっくり見て分らないことは店員さんによく聞くことぜよ!!

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

★短命ビスタ2012年4月以降サポート終了!!

ビスタ・ユーザーは要注意!

来年4月以降ビスタが使えんなるぜよ!!eyeglass

XPより短命なビスタ
サポート終了まで残り9ヶ月!

わしも、しらんかった、聞いてビックリしたぜよ!!annoy

ウィンドゥズXPのサボートが終了するのは2014年。後継のビスタは当然それ以降まで使えるはず__。そう思っている人は多いぜよ。しかし、さにあらず。ビスタは来年4月にサポートが終了してしまうがじゃ(図1)[注1]。

Pc2120119__p07_1

[注1]・・・2012年4月にサポート終了するのは、個人向けのスターター、ホーム・ベーシック、ホーム・プレミアム、アルティメット。企業向けのビジネスとエンタープライズは、2017年4月までサポートを受けられる。

これにより、2012年4月以降は、ビスタ向けの更新プログラムは提供されない。ビスタユーザーは、ウィンドウズ7への移行を余儀なくされるがちや(図2)。

Pc2120119__p07_2

なぜこのような逆転現象が起きるのか。それを理解するには、マイクロソフトのサポートポリシーを理解する必要があるがぜよ。そもそも、サポートには「メインストリームサポート」と「延長サポート」の2種類があるがぜよ。

メインストリームサポートは「ホームープレミアム」などの個人向けエディションが対象で、期間中は無償の問い合わせサービスや、セキュリティ関連の修正プログラムなどの提供を受けられる。OSの発売から5年間というのが目安らしいぜよ。

一方、延長サポートは「ビジネス」など企業向けエディションが対象で、メインストリームのサポート終了から5年続くぜよ。この期間は、セキュリティ更新プログラムだけ提供されるのがセオリーだった。

ところが、2001年発売のXPは、後継OSの発売が遅れたことなどから、2007年ごろには終わるはずだったメインストリームサポートが2009年4月まで延びた。

さらに、XPのユーザーが非常に多く、サポートを終了した場合の影響が大きいことを理由に、企業向けの延長サボートを個人向けにも適用した。

その結果、XPの前に後発のビスタのサポートが終了するという結果になったらしい。ピスタにもXPと同様の”特例措置”を設けるかについては、「今のところ予定はない」(日本マイクロソフト)という[注2]。

[注2]・・・2011年7月上旬時点

2012年4月以降は、セキュリティの更新が止まるため、パソコンがウイルスに感染する危険性が高まるがぜよ。ピスタユーザーに残された道は、サポート期間内に7に有料でアップグレードするしかない。

ただし、発売当初のビスタパソコンを7にアップグレードさせるには、基本スペックが足りない場合がある。マイクロソフトが自社サイトで配布する[アップグレード・アドバイザー]というソフトを使ってスペックが十分かどうか確認しちょったら、えいらしいぜよ。

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

★オフィスXPのサポートは2011年7月12日までぜよ!

みんなあ~しっちょったかえ。マイクロソフトのオフィスXPのサポートが、2011年7月12日をもって終了しちゅう。このまま、使い続けるとウイルスの危険!! 笑い事じゃあないぜよ!!coldsweats01

パソコンソフトは故障がないき、一度買ったらずっと使い続けられると思うちゃあせんかえ。そうとは限らんぜよ。実はマイクロソフトオフィスは、10年以上たつと、事実上使えなくなるぜよ。banpc

近いところで、2001年6月に発売されたオフィスXPが、7月12日に実質的な期限切れを迎えるぜよ。オフィスXPは3世代前の製品だが、ある雑誌の読者でも2割弱の人が利用しており、まだまだ、現役(図1)。

Pc2120118__p07_1

なぜ使えんなるろうか? それは、マイクロソフトの『延長サポート』が切れるからちや。同社のサポートは2段階になっちゅう(図2)。

Pc2120118__p07_2

まず発売から最初の5年間が「メインストリームサポート」の期間。メールや電話による無料サポートや、新機能追加の要望を受け付けるなどのサービスがあるぜよ。さらに、ソフトの脆弱性(セキュリティ・ホール)を修復するための「セキュリティ更新プログラム」が無償提供されちゅう。

次の5年間は、「延長サポート」の期間となり、提供されるサービスが減る。具体的には、メールや電話による有償サポートと、無償のセキュリティ更新プログラムだけになるがぜよ。

延長サポートも切れると、セキュリティの更新が止まり、脆弱性を修復できなくなる。すると、新たに見つかる脆弱性が放置されるがじゃ。1つ脆弱性が見つかると、それを狙って何百種類ものウイルスが現れるぜよ。もしセキュリティソフトの対応が間に合わないと、パソコンがウイルスに感染しやすくなるがぜよ。例えば、メールで送られてきたワードの文書を開いただけでウイルスに感染し、自分のパソコンを遠隔操作されてしまう可能性もあるちや。

オフィスのような、膨大なユーザーを抱えるアプリケーションソフトを狙うウイルスは、最近増えゆうと。

7月以降、1つも脆弱性が発見されなければ使い続けても問題ないが、まずそれは考えられんぜよ。

オフィスXPでは、2009年に3つ、2010年に2つ、そして今年も既に1つ脆弱性が見つかっちゅうらしい。発売から8年以上経過しても、毎年のように見つかりゆうと。

トレンドマイクロRegional TrendLabsの原良輔課長代理も「できれば、もうオフィスXPは使わないでほしい」と警告しゆうちや。eyeglass

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

★Windows7ここがツボ-#2

★XPとちょっと違う、設定のカンどころ!!

P2801_xp_5

P2802_xp_3

P2803_xp_3

P2804_xp

P2805_xp

P2806_xp

P2807_xp

P2808_xp

日経PC-21引用

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年5月29日 (日)

★Windows7ここがツボ-#1

Windows7の操作に困っている方また、XPとどこが変わったのか知りたい方は、参考にして下さい!!

◆Windows7はどこが使いやすいのか? 7の新機能や注意点を見てみよう!!

P2400_

★大きく変わった7流の操作に慣れよう

P2501_

P2502_

P2503_

P2504_

P2505_ 

P2506_

P2507_

資料は、一部日経PC-21を引用しています!!

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

★NTTドコモの高速無線通信サービス「Xi」がスタートしたぜよ!!

最大75メガが魅力の「LTE」 安い競合規格も登場し競争激化

2010年12月24日、NTTドコモが「Xi」(クロッシィ)という高速無線通信サービスを始めた。最新の「LTE」という通信技術を使ったサービスぜよ[注1]。

Spc2120112_p9_1_2

最大通信速度37.5メガビット/秒で、これまでの3G通信の5倍以上になる。ただ、この程度なら速く感じないかもしれんけんど。2009年からサービスを始めちゅう「UQWiMAX」は、40メガビット/秒を実現しているとの。イー・モバイルも、3G通信を拡張した「DC-HSDPA」という規格を使ったサービスを2010年12月3日から開始しちゅう。

こちらは42メガビット/秒になる。現時点では、LTEのほうがむしろ遅く見える。しかし、NTTドコモの担当者は、「37.5メガのエリアでも実効速度は競合よりも速いはず」と自信を見せる。また、今でも、主要駅や空港など一部の屋内施設では75メガビット/秒で使える。

さらに規格上は300メガビット/秒まで拡張可能らしい。電波の利用効率も既存の3G通信の3倍となり、1つの基地局で収容できるユーザー数が3倍になる。ただし、サービス開始当初は、東名阪の一部でしか利用できず、人口カバー率は7%と少ない図1)。

Spc2120112_p9_1

Spc2120112_p9_2_2

それ以外の地域では、通常の3G通信に自動で切り替わり、7.2メガビット/秒でつながる。NTTドコモでは、2015年春までにLTEのカバー率を70%まで広げる計画ぜよ。

NTTドコモ以外の携帯電話事業者もLTEの潜在力を高く評価しており、将来は参入する予定。だが、「もう少し基地局の設置費用などが安くなってから参入したほうが、ユーザーも低料金で利用できる」(イー・モバイル広報部)と判断する会社が多いようぜよ。実際、Xiの価格は月額最大7035円と
他社よりも1000円以上高い(図2)。

Spc2120112_p9_2_3

対抗上、NTTドコモは2012年4月末までは料金を5460円に下げる[注3]。

Spc2120112_p9_3

現時点でXiが向いているのは、高速通信できない場合でも、必ずつながってほしいユーザーぜよ。NTTドコモなら、3G回線のカバー率が100%なので、日本全国どこでも7.2メガでつながる。

さらにパソコンを使う職場や出張先などで高速なLTEが使えれば、料金が高くても利用する価値はあるがじゃないかと思う。

(日経PC21引用)

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

★Windows-7は初期設定のままつかわんがぜよ!! №-4

設定変更とフリーソフトでセブンをもっと使いやすくするがぜよ!!

ウィンドウズ7の操作性は、1つ前のビスタに比べて格段に良くなった。特に、タスクバーは秀逸(しゅういつ)で、よく使うソフトを登録しておけば、ソフトをすぐ起動できるし、右クリックで最近使ったファイルを瞬時に開くこともできる。「エアロスナップ」などのマウス操作の支援機能も追加され、ますます使いやすくなった。

しかし、XPから一気に7に乗り換えたユーザーの中には、7の操作性に慣れない人も多いだろう。タスクバーや「スタート」メニュー、フォルダー画面などの基本操作部分がXPから大幅に変わっているので、使い始めは戸惑う場面が多いじゃろう。何もOSに自分を合わせる必要はない。初期設定を見直して、ストレスなく使えるようにしよう。さらに、フリーソフトを使うと、一層快適な環境にできる(図1)。

Pc2111_p48_1

初期設定を変えるだけでイライラが嘘みたいに解消するぜよ!!

Windows-7の初期設定の見直しからいくぜよ。まずは、「スタート」メニューだ。7では、XPなどと同様に、「スタート」メニューに最近使ったソフトが一覧表示される。しかし、表示されるのはわずかに10個だけ。これはいかにも少ないぜよ。設定を変更すれば、もっと多くのソフトを表示できるがじゃ(図2~図4)。

Pc2111_p48_2

Pc2111_p48_3

Pc2111_p48_4

また、「スタート」メニューには、ソフトだけでなく、フォルダーも登録できる[注1]。

Pc2111_p48_1_2

Windows-7では、「スタート」メニューに表示される標準の終了方法が「シャットダウン」になっちゅう。これも設定を変えて、「スリーブ」や「休止状態」などの省電力モードに入るようにできる。スリープならたった数秒でパソコンを起動できて快適じゃ(図5、図6)[注2]。

Pc2111_p49_5

Pc2111_p49_6

Pc2111_p48_2_2

次は、ユーザーアカウント制御(UAC)の設定ぜよ(図7)。

Pc2111_p49_7

Windows-7では、Windows-Vistaと同様に、システムに重要な変更を加えようとすると、画面が暗くなり警告画面が表示されるきに。これがUACぜよ。ビスタでは頻繁に警告が出るため、不評だったがじゃ[注3]。

Pc2111_p49_3

Windows-7では、警告を発する頻度を4段階から選べるようになり、標準設定でも警告が出る回数が減ったがぜよ[注4]。

Pc2111_p49_4

それでも警告が出るたびに画面全体が暗くなるので、慣れていないと驚くぜよ。初期設定は4段階の2番目になっているが、1段階緩めれば、警告画面は出るものの画面が暗くならないので、落ち着いて作業できるぜよ(図8)。

Pc2111_p49_8

Windows-7で新たに搭載された「エアロスナップ」などのマウス操作の支援機能も、「ありがた迷惑」に感じることがある。エアロスナップはウィンドウを左右の端にドラッグすると、デスクトップ画面のぴったり半分のサイズにする機能だ(上にドラッグすると全画面表示)。

うまく使えば便利だが、ちょっとウィンドウを動かしたいだけなのに、突然右半分のサイズや全画面表示になることがあるがじゃ(図9、図10)。

Pc2111_p49_9

Pc2111_p49_10

これが嫌なら、以前ご紹介したカムフォータブルPCを使って機能をオフにしよう。このソフトを使うと、「エアロスナップ」と「エアロシェイク」を同時に停止するだけでなく、「エアロシェイク」だけをオフにすることもできる(図11)。

Pc2111_p49_11

~ 次回ブログに続く ~

・・・日経PC21引用

↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧