« 2012年5月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

★あの緊急地震速報がPCで受信できるぜよ!!

緊急地震速報を受信可能に予想震度と到達時間がわかる!
 
 テレビや携帯電話で通知される緊急地震速報は、身の安全を確保するのに役立つ。数秒でも準備する時間があれば、大きな地震でも、けがや事故の危険性が少なくなる。

201208p138_signalnow_express_0

「SignalNowExpress(シグナルナウエクスプレス)」は、地震発生と同時に予想される震度や到達時間をパソコンに表示するソフトぜよ(図1)。

201208p139_signalnow_express_1

まず、ストラテジーのサイトでソフトを入手したら、インストールを始める前に、「ライセンス登録」をしておこう。

注意事項を確認して、メールアドレスを入力すると、ライセンスキーがそのメールアドレスに届くがぜよ(図2、図3)。

201208p139_signalnow_express_2

201208p139_signalnow_express_3


ダウンロードしたファイルを解凍すると、32ビット版と64ビット版があるので、自分のパソコンに合ったほうを導入するがぜよ。デスクトップにショートカットアイコンができるので、これをダブルクリック。表示された画面で届いたライセンスキーを入力しよう(図4)。

201208p139_signalnow_express_4


次に設定画面で、速報を受信する都道府県を選ぶがじゃ(図5、図6)。

201208p139_signalnow_express_5
201208p139_signalnow_express_6


 どの程度の地震なら画面に表示するか、予想震度を設定することも可能ぜよ(図7)。

201208p139_signalnow_express_7

実際に緊急地震速報が出ると、地震の規模や、到達までの秒数、予想震度、震源地がパソコンの画面にポップアップ表示されるき。

テレビと同じ警告音も鳴るので、目を離していてもすぐに緊急地震速報が出たことがわかるぜよ(図8)。

201208p139_signalnow_express_8

確実な情報を得るために、パソコンの時計を合わしちょくがぜよ。時刻がずれちょったら、地震の到達までの時間が正しく表示されなくなってしまうからじゃ。

◆70万人がダウンロード/震災後の利用者増に対応
   
 シグナルナウ エクスプレスが公開されたのは2010年9月。東日本大震災までは、ダウンロード数は合計で100件ほどだったという。それが現時点では累計70万ダウンロードを超えちゅうと。

 テレビや携帯電話で受信できる緊急地震速報じゃ、「強い揺れに備えて下さい」と表示されるものの、何秒後にどの程度の大きさの地震が来るかは、わからんがじゃ。

 シグナルナウは、気象庁が事業者向けにより細かなデータを提供する「高度利用者向け」の情報を利用しゆう。震源地の情報や地震の大きさ、発生時刻といったデータを受信し、それをユーザーのパソコンで分析することで、指定した場所の震度や到達時間を予測・表示しゆうがじゃ。

この予測エンジンは工場や病院、商業施設などで利用されている緊急地震速報専用通報装置「シグナルナウ」で使われているものと共通やと。

 シグナルナウ エクスプレスは都道府県庁所在地に限定して予測を表示するが、有料の「プロフェッショナル」版【注】では、地図上で任意の地点を設定して、地震の予想震度や到達時間を表示できる。

【注】・・・2940円で、365日利用できる。

 開発の中心となったのが、シグナルナウシリーズを販売するストラテジーの親会社、エヌ・エス・シーでシステムエンジニアを務める藤原崇紘氏。「気象庁が緊急地震速報を出したら、1~2秒以内に個人のパソコンにデータを届ける必要があります。


データを分析後、即座に見やすく表示することも重要だと。一方で、平常時にパソコンの動作が重くなっては使ってもらえない。この三点を満たすように開発しました」と語る。

 震災後に利用者が予想を超えるスピードで増えたことで、サーバーの負荷が急増。「配信用のサーバーをすぐに増強する必要があったと。需要が急速に高まった震災後の混乱の中でサービスを継続するのは大変だったと。

 エンジニアとしてこだわったのは、サーバーから受け取ったデータから算出した予想震度や到達時間、警告画面を出したかどうかといった情報のすべてを、後からユーザーが確認できるようにしたことだという。

「どういう情報を受信して、どのような予測をしたか、後から詳細な情報を確認できることで、信用できるソフトだと考えてもらえると思うちゅう。」

 同じ、システムエンジニアとして、自分なりのこだわりをもっちゅうのは共感するぜよ。地震・防災・減災に関心のある方は、是非お試しあれ!!

・・・(情報は日経PC21より)

※尚、フリーソフトのダウンロード並びに、使用においては個人の判断責任をもってご使用下さい。


↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

★40種類の圧縮ファイルを解凍できる『アルジップ』

今さらかもしれんけど、ちょっとした大きなファイルを相手とやりとりする方にお薦めするぜよ。pc

圧縮・解凍ソフトーアルジッブ無料バージョン」は、日本最大のフリーソフトサイトであるベクターのランキングで、常に上位にいる人気ソフトぜよ。

対応ファイル形式の多さと、わかりやすい操作性が人気ぜよ図1)。

201211p82__alzip_1

パソコンでお仕事されている方、容量の大きいファイルをメール等でやりとりされている皆さんにお薦めするぜよ!!

パソコンを利用するうえでの武器に、しとうせ。

◆解凍は右クリックでOK/形式ごとの使い分けも可能

 早速、サイトからファイルを人手し導入。(図2、図3)。

201211p82__alzip_23
ファイルの圧縮は、まずアルジッブを起動、新規作成メニューで圧縮したいファイルを選択する(
図4)。

201211p82__alzip_4

圧縮形式も選ぶことが可能ぜよ(図5)。

201211p82__alzip_5

ファイルを右クリックし、メニューから「ALZip」で圧縮を選んでも実行できるがぜよ。

解凍も非常に簡単ながじゃ、圧縮ファイルを右クリックして「・・・に解凍を選べば、元のフォルダーにファイルを解凍できるぜよ(図6)。

201211p82__alzip_6_2

同メニューで『ALZipで解凍』を選べば、解凍先を選ぶなど、細かな設定もできるき。昨年のバージョンアップで解凍速度も向上しちゅう。

アルジッブを導人すると圧縮ファイルはアルジップに連結される。気になるなら、図7のステップで解除してみいや。

201211p82__alzip_7

※尚、フリーソフトのダウンロード並びに、使用においては個人の判断責任をもってご使用下さい。


↓ はげみになります。よければ下記をクリックして下さい。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2013年1月 »