« ◆ブログ講習中... | トップページ | ★第12回わくわくドキドキストリート開催!! »

2011年9月 5日 (月)

★グーグルの新しいSNS「グーグル+」

私も、まだ使こうてないき、あんまりよう知らんけんど、グーグルが新しいSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を出しちゅうようで話題を集めちゅうらしい。

ちょっと情報を得たので記事にするぜよ!!

eyeglass 1ヵ月で2500万人が登録しちゅうらしい。

グ-グルが、満を持して世に送り出した交流サイト(SNS)の「グーグループラスー(グーグル+)が話題ぜよ。

グーグル+は、6月末にテスト公開が始まったと。まだ既存ユーザーの招待がないと登録できないという制限があるにもかかわらず、わずか1ヵ月で2500万人が登録しちゅうらしい。

フェイスブックの7億3000万人には遠く及ばないものの、爆発的な滑り出しで「強力なライバル登場」と注目を集めちゅうみたいぜよ。

最大の魅力は、先行する大手SNSのいいとこ取りをしたような、使い勝手の良さらしい(図1)。

Pc21201110__p13_1

[注]・・・このほか、お気に入り、お勧め情報を共有する「スパークス」、ビデオ画像をリアルタイムでアップロードできる「インスタント・アップロード」といった機能もあるらしいぜよ!!

その中心となるのが、ユーザーの交友関係を分類できる「サークル」機能やと(図2)。

Pc21201110__p13_2

サークルは、「家族」や「友人」「会社の同僚」「学生時代の同級生」などをグルーブ化し、知り合いを分類するのに利用すると。

分類したサークルでは、そこに属したユーザーだけが見える掲示板を使って、仲間内だけで交流することができるらしい。

かたやフェイスブックでは、自分の書き込みが、自分と「友達」になっている全ユーザーに公開されてしまう。プライベートな友人も、仕事関係の知人も区別はない。

グーグル+のサークルは、この点が大きく異なるみたいぜよ。

独特なのは、見知らぬ人のことも自分のサークルに入れられる点ぜよ。相手には事後に通知が行くだけで、いちいち承認してもらう必要はないらしい。

プロフィールを見て気に入った相手を見つけたら、どんどん自分のサークルに加えるのが、グーグル+のスタイルみたい。

相手をフォロー(「友達」として登録)する際の気軽さはツイッターに似いちゅうみたい。フォローされたら、こちらもフォローしなければならないといった決まりもないみたいぜよ。

ユーザー同士の結びつきはSNSの中では緩いみたいぜよ。

複数のユーザーが同時に利用できる機能もあるらしい。ビデオ会議の「ハングアウト」や、複数でチャットができる「ハドル」があるようぜよ。サークルに所属するユーザーと交流するのに役に立つようぜよ。

グーグルはこれまで、「オーカット」「グーグル・バズ」など、SNS事業を何度か手がけちょったみたいやが、大きな成功事例はなかったみたい。

従来とは比較にならないほど操作性を上げたグーグル+で挽回できるか。
しばらくは目が離せんがやないかよ。

いろんな、SNSがあるけど、それぞれの機能や利用形態を把握したうえで、利用せんといかんぜよ。そのルールの中でやるもんやき、モンクは言うたらいかんぜよ!!scissors

|

« ◆ブログ講習中... | トップページ | ★第12回わくわくドキドキストリート開催!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

フェイスブックを経験しましたが、食事の写真、花の写真等ばかりで、うんざりして、休み中です。

投稿: 木村修二 | 2011年11月 4日 (金) 15時42分

sns
には何かがあるのではないかと期待しています。

投稿: 木村修二 | 2011年11月 4日 (金) 15時45分

木村さん、コメントの返事が大変遅くなりました。
私も、ツイッター・フェイスブックをやっています。
木村さんがおっしゃるとおり、SNSには何かがあると思います。今は、使いながらいろんなことを感じ、使用している方が多いと思います。それぞれ皆さん目的があると思うので一口には言えません。真剣勝負の世界は、フェイスブックだと思っております。あと、フォロワーやお友達を増やしてどんな人がやっているのかも確認しなくてはいけないと思います。頑張って下さい。

投稿: モンタナ | 2012年1月 9日 (月) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆ブログ講習中... | トップページ | ★第12回わくわくドキドキストリート開催!! »